JUG COVER ジャグカバーもどき!

こんにちは、商品企画の井上です。商品企画なんてやっていますが
ミシン、お針 何にも出来ません。そこで!
今回は アミブルージュ ファンの木村様よりアイデアを頂戴いたしました。

ジャグカバーもどき1

私的にはジャグカバーのつもりなんですが、
何せ不器用な私は小さなビーズを糸でレースの端に垂らすという作業に苦戦し、結局大きなビーズをビーズ用の接着剤で留めるという荒業で処理してしまったことを反省いたします。皆さま!是非ぜひ正規のジャグカバーに挑戦していただきたいと思います。

<ジャグカバーとは>
本来、水差しやシュガーボウルなどに用いられるビーズ付きのレース製カバーのことらしいです。ビーズは飾りとしてだけでなく、おもりとなっているそうです。

ジャグカバーもどき2

(左)またまたコースターの4枚つなぎにビーズを付けてみました。
(右)ビーズを付けなくても、重みのあるレースなら、そのままでもOKですよね。
お菓子カゴなどにポンと掛けるだけで、ほこりも人の目も気になりません。

ジャグカバーもどき3

「不燃ゴミ」行きだった、小さなジャムの瓶もカラフルな飴など入れて
カバーをすると何か愛着が湧いてしまいます。
(左)小さなオーナメントに大きなパールビーズを付けて!
(右)こちらはコースターに黒っぽいビーズでカジュアルに!